にきび対策の利用状況

思春期のニキビは一時的に皮脂の分泌が多くなることによって、過剰な脂が毛穴に詰まり、炎症を引き起こすことが主な原因です。

このニキビは大人になるにつれてホルモンバランスが整い、分泌される皮脂も丁度よい量になればなくなっていきます。

しかし、大人になって出てきたニキビ、もしくは大人になってもまだニキビが出続けている場合は、身体の内側で何か問題が起きているサインかも知れません。

私は10代の頃からずっとニキビに悩まされてきました。


最初はいわゆる思春期ニキビから始まったのですが、化粧水にかぶれるようになり、皮膚炎を起こし、皮膚科で薬をもらって治療してからもまだ吹き出物が出続けました。化粧水や化粧品に敏感な肌になり、合わないものを使うとニキビがたくさん出ます。

まったく新しい二重まぶた整形の口コミ広場をご紹介いたします。

しかし、合うものもほとんど見つからず、なんとか肌トラブルの起きにくいものを選んで使っていました。


顔はニキビ跡だらけでひどいものでしたので肌のケアもしたかったのですが、なかなか良いものは見つかりませんでした。ようやくシンプルで自然な保湿水に出会い、それを使うことで肌の状態もだいぶ改善されたのですが、ニキビは相変わらず消えてくれません。

ニキビはいつも決まった場所に出ていました。口のまわりと、あご、左の頬です。

そこでようやく、何か身体の中に原因があるのではないかと思い、漢方薬局に相談してみることにしました。
そこで、私は胃腸の働きが弱く、身体に毒素がたまりやすいタイプであることを知りました。

ニキビについての情報を幅広く扱っているサイトです。


たまった毒を出し、悪いものを排出しやすい身体に改善するため、1年ほど漢方を飲み続けました。

今思うと、精神的なもので胃腸の働きが悪くなっていたことも大きかったのかも知れません。漢方で体質が変わっていき、精神的なトラブルも解消されたことで、吹き出物の量は大きく減りました。


外側からのケアを続けても、一向によくならないという人は、身体の内側の声に耳を傾けてみましょう。

ニキビはあなたの身体が発する、健康のSOSかも知れません。


  • にきび対策の利用状況
  • このにきび対策を採用
  •