バナー

ボディスクラブの効果

冬になると手足のかさつきが気になるものです。

当然商品棚にもボディケア商品が充実してくる季節ともいえます。

MERY関連の情報をたくさん掲載しています。

クリームや保湿液、入浴剤など様々な商品が陳列している中、スクラブも大きなスペースを確保します。

入浴後に行う保湿クリームや化粧水とは違い入浴中に保湿を行うボディスクラブには大きなメリットがあります。
肌は水分が乾くと肌の表面だけでなくその内側の水分も一緒に乾かしてしまうので、濡れている状態で保湿をスタートするのが一番効率よく肌の中に水分を閉じ込めることができるのです。つまり、入浴中に行える入浴剤やボディスクラブが肌をケアするのに一番いい状況だと言えるのです。

風呂上りから15分以内に保湿クリームを塗るべきと言われていますが、小さい子供や赤ちゃんがいる場合や風呂上り後すぐにケアできない状況がある場合などはとくにケアを入浴中にするべきといえます。


そのケアの効果は絶大で、15分以内ではなく0秒以内で保湿がスタートするので、肌の中の水分を逃がすことなく閉じ込めることができます。

また、ボディスクラブの商品の中には保湿だけでなく古い角質を取り除く効果があるので、肌の表面をすべすべに整えながらしっとりとした肌を保ちます。

ボディスクラブの効果の情報はこちらのサイトです。

かさついた手で赤ちゃんや子供の世話をすることもないですし、ストッキングや靴下にダメージを与えて、肌着の寿命を短くすることもありません。



また、人と触れ合うことがある握手などの場合もためらうことはありません。

効果が期待できるものなら積極的に取り入れていきたいものです。